2015年2月にブルーボトル・コーヒーの第1号店がオープンし、カフェの街として一躍有名になった東京都江東区の清澄白河。

ブルーボトルのオープン以来、オシャレなカフェや雑貨屋さんが増えてきて、週末は街歩きを楽しむ20~30代が急増。いつの間に新しいお店が出来ていて、あらっ、ここにも!って思うことが多くなりました。今回は、ブルーボトルに加え、まだまだ認知度は低いけど、地元っ子にも人気のオススメ店をご紹介します。

blue bottle coffee

blue bolttle coffee

清澄白河と言えば「blue bottle coffee」と言っても過言では無い程、話題になったコーヒーショップ。

アメリカ本社のブルーボトルが、日本初上陸の1号店に選んだ場所が清澄白河。オシャレな街の代表格である表参道や代官山ではなく、清澄白河?どこ?なんで?と思った人が大半でしたよね。

東京都江東区にある清澄白河が1号店に選ばれた理由は、ブルーボトルの本社があるカリフォルニア州オークランドの環境に似ているからだそうです。

blue bottle coffee

元々倉庫だった場所を改築してカフェになったブルーボトル。海外から届いた豆が並べられ、大きな焙煎機で煎られる豆を見ながら、バリスタが一杯ずつコーヒーを淹れてくれます。

オープン当初は2時間待ちが当たり前で、平日でも行列ができるほどの人気店でした。今では国内6カ所に展開されていますが、ブルーボトルの日本上陸を皮切りに、一気にサードウェーブが広まった気がします。

開店してから約半年後、ブームが少し落ち着いてから寄ってみました。一番シンプルなドリップのブレンドを注文。残念ながら、私好みの味ではなかったです。。酸味が無くて渋味のある方が好きなんだけど、ブルーボトルは酸味が強い。最近は渋いコーヒーよりもフルーティー味わいが人気の様なので、サッパリした味わいが好みの方にはピッタリなのかも。

<詳細情報>
住所:東京都江東区平野1-4-8
営業時間:8:00~19:00
座席数:8席

ALLPRESS ESPRESSO

清澄白河 Allpress

オールプレス・エスプレッソはニュージーランド発のサードウェーブ・コーヒー。ブルーボトル同様、倉庫をリノベーションしたお店。清澄白河は木材倉庫が多いからね。

天井が高いので、解放感がある店内。店内奥には大きな焙煎機やコーヒー豆の入った大きな袋が置いてあります。

ミックスプレートはちょっと高めの1,450円。でも、のんびりした雰囲気のカフェで週末の朝を過ごすと、ちょっとリッチな気分になれるかも?

<詳細情報>
住所:東京都江東区平野3-7-2
営業時間:[月~金] 8:00~17:00、[土・日] 9:00~18:00
座席数:16席

iki espresso

清澄白河 iki cafe

イキ・エスプレッソも倉庫をリノベーションして造られていて、コンクリート打ちっぱなしの店内。そしてここもニュジーランドのオークランドのカフェ。清澄白河とニュージーランドは何か関係があるのかなぁ?

清澄白河 iki cafe

人気店だからか、注文したドリンクやフードが運ばれるまでにかなり時間がかかる。。
でも、スイーツも美味しいし、のんびり出来る雰囲気。

<詳細情報>
住所:東京都江東区常盤2-2-12
営業時間:8:00~19:00

151A

清澄白河 151A

151A(いちごいちえ)は新鮮素材を活かした自然食にこだわっているお店。食の安心や安全を考え、有機栽培や無農薬の食材を使用しています。

テーブル席や畳の小上がり座敷もあり、子連れにも人気。

<詳細情報>
住所:東京都江東区平野3-4-6
営業時間:[火~日] 8:00~19:00
座席数:26席

ヒキダシカフェ

清澄白河 ヒキダシカフェ

清洲橋通りから一本入った路地にあり、静かな住宅街の中にあるカフェ。電球の温かい照明が特徴で、とても落ち着く色合いが店内を照らし、柔らかい雰囲気のお店。

清澄白河 ヒキダシカフェ

店内には店名の通り引き出しがたくさんついた家具が置かれていて、レトロな雰囲気も。雑貨の販売も行っているみたい。

<詳細情報>
住所:東京都江東区平野3-4-6
営業時間:[火~日] 8:00~19:00
座席数:26席

En vedette

清澄白河 En vedette

2016年10月にオープンしたエン・ヴィエット。お店の外観は白くて清楚な感じ。料理雑誌にも載っていたし、オシャレな外観が興味をそそります。

オーナーのパティシエは「ロイスダール」や「グランドハイアット東京」でも修行を重ねていて、色々な国際コンクールに出場&受賞経験があるみたい。

清澄白河 En vedette

店内には四角いランプやレイアウトもステキ。色々な種類の焼き菓子が並んでいます。

そして、ショーケースに並べられたケーキはどれもオシャレ!!オリジナリティの溢れるデザインのケーキばかりで、アート作品の飾られた美術館みたい。カラフルで繊細な装飾が施されているケーキは本当にどれも美味しそうで、どれにしようかかなり迷っちゃう。

【ロシェ(¥520)】
アーモンドとヘーゼルナッツの濃厚なバタークリームにレモンのガナッシュの甘酸っぱさがちょうど良くて、しつこさを感じさせない。ヘーゼルナッツもたくさん入っていて、ナッツ好きにはたまらない味でした!

<詳細情報>
住所:東京都江東区三好2-1-3
営業時間:[月・火・木・金・土] 10:00~19:30、[日] 10:00~19:00
※販売のみ

Brigela

Brigela

EN VEDETTEのすぐ隣にあるジェラート屋さんのブリジェラ。こちらも人気店!なんとブリジェラもブルーボトル同様、第1号店が清澄白河。2015年5月にオープンしてから、関東を中心に展開してるみたい。

定番だけど、やっぱりピスタチオやヘーゼルナッツ味が美味しい。

ブリオッシュにジェラートを挟む食べ方は、日本ではあまり馴染みが無いけど、イタリアではシチリアを中心に人気の食べ方。

【ブリオッシュ】
ブリオッシュとは、水の代わりに牛乳を加えて、バターと卵と砂糖をたっぷり使ったフランスの菓子パンの一種。

イタリアのbrioche con gelatoで使われるブリオッシュは、フランス程バターや卵を使ったこってりした感じではなく、白パンに近いかも。パサパサのパンがジェラートの水分を吸って、ちょうど良くなる組み合わせが特徴でもあり人気の理由なんだけど、私はパサパサのパンよりもしっとりふわふわなパンや、噛み応えがあるしっかりしたパンの方が好み。

そんな訳で、ブリジェラではジェラートだけ食べるのが好きw

<詳細情報>
住所:東京都江東区三好2-1-6
営業時間:10:30~19:30
座席数:20席