2016年4月14日に発生した熊本地震。現在も熊本市内は震災復興中です。

そんな熊本を「食」の分野で応援する為にも、おすすめの熊本グルメ情報をお届けします。

熊本の郷土料理と言ったら「馬刺し」

熊本の郷土料理で有名なのが「馬肉料理」。桜肉とも呼ばれる馬肉は、お刺身や焼き肉、お寿司など、食べ方も様々。それでもやっぱり、さっぱりと馬刺しが食べたい!ってことで、馬肉専門店の「菅乃屋」に行ってきました。

熊本市内にいくつか店舗をもつ「菅乃屋」では、阿蘇の大自然の中にある自営牧場で馬を育て、自社工場から馬肉を直送しています。

【馬刺しランチ 2,700円】
馬刺し盛り、煮物、サラダ、ご飯、味噌汁、香の物、デザート

馬刺しランチは色々な馬肉の部位を味わえます。もちろん馬肉料理屋さんなので、その他に馬肉しゃぶしゃぶや馬肉ステーキ、馬肉寿司など、馬肉尽くしのメニューが豊富ですよ。

熊本 菅之屋 馬肉 馬刺し

菅乃屋 上通店
住所:熊本県熊本市中央区城東町2-12 アンピールパーキング上通り 2F
電話番号:096-355-3558

こってり豚骨スープの「熊本ラーメン」

豚骨ラーメンで有名な博多ラーメン同様、熊本ラーメンも九州を代表するラーメンです。熊本ラーメンの特徴は、黒マー油(ゴマ油と焦がしニンニクが主材料の調味油)が効いた豚骨スープ。

「ラーメン 赤組」はコスパが良く、地元客にも観光客にも人気があるお店です。適度なこってり加減の豚骨スープが細麺にしっかり絡まっていて、ニンニクの匂いが食欲をそそります。

【熊本ラーメン 480円】
こちらは熊本ラーメンにトッピングを全部乗せた【よくばりラーメン 680円】↓↓

熊本 ラーメン 赤組

ラーメン 赤組
住所:熊本県熊本市中央区上通町7-29
電話番号:050-5571-1825

ヘルシーな春雨料理「太平燕」

熊本らしいご当地グルメが太平燕(たいぴーえん)。明治時代に中国から伝わり、約100年間、日本でアレンジされながら熊本で親しまれている中華風の郷土料理です。

1934年創業の「紅蘭亭」は、緑豆100%の春雨と豚骨&鶏ガラスープにこだわった太平燕が有名な老舗中華料理店。

ヘルシーな春雨の上には野菜や魚介がたっぷりのっています。

熊本 紅蘭亭 太平燕

紅蘭亭 上通パビリオン店
住所:熊本県熊本市中央区上通町1-15
電話番号:096-352-3812

さつま芋と餡子の素朴なスイーツ「いきなり団子」

熊本のご当地スイーツである「いきなり団子」は、さつま芋とあんこを小麦粉の皮で包んで蒸した和菓子です。名称の由来は色々な意味が合わさっているようです。

  • 短時間でいきなり作れる(簡単に作れる)
  • 来客がいきなり来ても出せる
  • 生のお芋を調理することから「生き成り」

熊本市内には「いきなり団子」を作っている和菓子屋さんがたくさんありますが、今回おすすめするのは水前寺成趣園の参道にある「はやしのいきなり団子」です。「はやしのいきなり団子」は契約農家から仕入れたさつま芋と国産の餡子にこだわって作られていて、さつま芋の自然な甘さと優しい餡子の味が絶妙です。お土産にもおすすめ!

熊本 いきなり団子 はやしや

はやしのいきなり団子
住所:熊本県熊本市中央区水前寺公園7-2
電話番号:096-383-3970

熊本特産の栗と阿蘇のジャージー牛乳を使った熊本銘菓「月下の熊本城」

「月下の熊本城」は、栗の産地として全国第2位の熊本特産の栗と阿蘇の大自然の中で育てられた牛からとれるジャージー牛乳を使った熊本銘菓。

2010年から4年連続でモンドセレクションの金賞を受賞したり、第25回全国菓子大博覧会では名誉総裁賞を受賞するなど、国際的にも認められています。

材料にこだわった栗餡がとっても濃厚で美味しい和菓子です。お土産にも最適!

誉の陣太鼓・武者がえし

「誉の陣太鼓」は、北海道産の大納言小豆を柔らかな求肥で包んだ熊本銘菓の一つ。
「武者がえし」は、熊本城の石垣をイメージしてつけられた名前のパイ菓子。手仕事で100層に折られたパイ生地で小豆餡を包み、バターの香りが漂います。

「誉の陣太鼓」も「武者がえし」も1949年創業の老舗和菓子屋「お菓子の香梅」の代表的な銘菓です。どちらも甘さ控えめ。あまりインパクトがなかったので、個人的には「いきなり団子」や「月下の熊本城」の方が好みかな。

熊本 陣太鼓 武者がえし

桜の馬場 城彩苑
住所:熊本市中央区二の丸1番1-1
電話番号:096-288-5600

※「桜の馬場 城彩苑」は熊本城ふもとにある観光交流施設。観光案内所だけでなく、熊本各地のお土産や食も揃ってるので、熊本らしさを味わえます。

こちらもご参考下さい↓↓